病気の信号

太郎!探してます!  



迷子のチビラブ『エマちゃん』を探してます

★リンクのご協力お願いします。 80頭の里親募集

・・・・・-・・・・・・-・・・・・-・・・・・-・・・・-・・・・・・-・・・・・-・・・・-

ぽちっとな★↓ 




ついでに動画もUP!




え~と今日は皆様にお伝えしたいマジメなお話。

ネットで知り合った犬仲間のワンコが
2月12日に亡くなりました。

かっちゃんさんのセレナちゃんです

その際具合が悪くなってからの兆候を日記に書いてくださってるので
ぜひ読んで下さい。

一応抜粋させて頂き掲載します。

1.6月下旬の血便
 東大へ検査予約まで入れたのに、血液検査の数値がよかったこと、
 薬で血便がなくなったことからキャンセルした。原因を追求しておくべきだった・・・。

2.8月、9月の下痢
 下痢が何度かあった。数日で治ってはいたが、明らかに兆候のひとつだった。
 除草剤によるものと決め付けていた。

3.長期の軟便
 その後も便はゆるめだった。獣医師のすすめでささみ肉中心の食事にしていたが、
 長く続く軟便はやはりおかしかった。

4.元気がない
 12月、父からMilkmanさんから「元気がないね。」と言われていた。

5.朝起きられない
 真冬でも4時に起きて散歩したことがあった。
 そんなセレナが6時になってもおきてこなかった。
 病気の体に、冬の朝は寒くてつらかったんだ。

6.体重の変化
 ゴンタも一緒に脂質の少ない食事に変えていた。
 ゴンタは痩せないのに、セレナはどんどん痩せていった。
 ベスト体重12kgを割るほどだった。ダイエットしているとはいえ、痩せすぎだった。

<まとめ>
 しゃべらない動物の健康管理むずかしいけど、7歳をすぎたら(8歳からでも)血液検査での健康診断は必要だと思う。できれば半年に1度。長期に渡る何かの症状があったら「体質だから。」とか「歳だから。」と決め付けず、可能な限り(CT写真は高価なので)原因を追求してほしい。
 ダイエットは独自で行わず、獣医師と共に健康管理をしながら行ってほしい。なぜなら”痩せること”は病気の症状のひとつでもあるから。



年齢関係なく毎日の排泄の状態とか
目の輝きとか
気にしていくのはすごく大事ですね。

勉強になりました。

セレナちゃんお疲れさま。いつかみかんやあけびが行くと思うから
遊んであげてね。


☆参加してます☆ ぽちっとよろしく。  にほんブログ村 犬ブログへ
[PR]

by man_getu | 2006-03-08 19:59 | みかん&あけび  

<< 怒られるから秘密。 おもしろいこと発見 >>