ちょっとマジメに(お笑いなっしんぐよ)

                晴れたね!洗濯ラッシュだよ
 
c0065643_13135449.jpg



      

今日は三浦綾子の命日だ。

初めて読んだのは中学生で「氷点」

凄まじい衝撃でした。


私のちっぽけな悩みがバカみたいに感じたのを覚えてる。



高校の時いわゆる不良と言われるグループと私は結構仲がよかった。
(私はヤンキーじゃなかったですよ。マジで)
その中の一人エリコと得に仲良くなりました。

図書館に通う私に「本ってそんなにおもしろいの?」
と聞きました。
「すげーおもしろいよ。読んでみなよ」と私は三浦綾子の
「塩狩峠」を貸した。
「氷点」は長かったので始めて本を読むにはちょっとキツイかな?と思って。

エリコはその本によって本の魅力にはまった。
そして図書館に通うようになった。

図書館の司書さんが個人的な好意で、
年間本を50冊以上読んだ生徒に図書券を送っていた、
全校生徒で5人ほどいた。
私とエリコは図書券を頂いた。

当時の担任は国語教師だったが
エリコがそんなに本を読んでいることを司書に聞くまで知らなかった。
とても驚いていた。
先生は「不良が本なんて読むと思ってなかった」って思ったんだろうな。

節穴の目の先生。お元気?


エリコ今頃何してるのかなぁ。

もうずいぶん連絡は取ってない。




高校の時に悩みがあって三浦綾子に手紙を書いたことがある。

忘れた頃にハガキで丁寧な判事が届いた。
ちゃんと手紙を読んで返事をくれていることにえらく感動したのを覚えている。



三浦綾子の本は今も読み返す。


まだの方はぜひ読んでみてください。


沖縄の次は北海道に行きたい(春秋限定で)
北海道に行ったら絶対「三浦綾子記念文学館」に行くのだ。

富良野よりそっちに行きたい。

もちろん富良野であの喫茶店(名前忘れた)でコーヒーも飲むのだ。
やはり自分で豆は挽くのだろうか?


お金はないが行きたいところはいっぱいだ。


三浦綾子命日ネタ・・・・みのもんたおもいっきりテレビとかぶった

軽く鬱。
[PR]

by man_getu | 2005-10-12 13:21 | ★読★  

<< うらめしや WOWWOW三昧 >>